ボトックス小顔でエラ張りを改善!【筋肉の動きを抑制出来る】

サイトメニュー

適性があります

顔に触れる女性

お試し感覚

美容整形で理想的なボトックス小顔を手に入れるために、気を付ける点があります。まず、ボトックス注射には適性があり、すべてのケースで小顔効果が得られるわけではないということです。ボトックス注射が小顔矯正治療に用いられるケースは、筋肉の縮小によって小顔になれる場合に限られます。例えば固いものをよく食べたり日常的にガムを噛んだりしている人、無意識に食いしばってアゴに力を入れてしまいがちな人は、咬筋と呼ばれる噛むための筋肉が必要以上に発達し肥大化してしまいます。世間一般で言うエラのことですが、エラの部分にボトックス注射を施すことで発達しすぎた筋肉が緩み、筋肉そのものが小さくなることでボトックス小顔が得られます。ですので、もともとボトックス注射で小顔になるために美容整形外科を来院したとしても、悩みの元凶が筋肉の発達以外であれば別の治療方法を提案されることになります。次に、施術後になりますがボトックス治療は基本的にダウンタイムは少なく、その日のうちに帰宅も入浴もメイクもできます。しかし施術してから数時間は施術部位を強くこすったり、メイク用品を塗り込んだりしないように気を付けなければなりません。ボトックス注射は特殊なたんぱく質を筋肉に注入することで徐々に効果があらわれ始めるので、ちゃんと浸透しないうちに負荷をかけてしまうと理想と異なる形で効果があらわれる可能性があります。施術を行なってしばらくは、担当医の注意事項や指示にしっかり従って、施術部位を触りすぎないように気を付けましょう。メスを入れることもなく数十分の施術で手に入れられるボトックス小顔ですが、効果は永続しないものなので継続して通院する必要があります。効果の持続性は個人差があり、3か月から2年と幅があります。美容整形外科によって推奨する通院の頻度は異なりますので、効果を半永続的に持続させたい人は受診したクリニックの方針に従うと良いでしょう。また、ボトックス注射による治療には副作用があります。筋肉がゆるむことで表情がぎこちなくなったり、顔の皮膚が垂れ下がったような印象になったりする人がいます。施術部周辺の筋肉が発達することで元に戻る場合もありますが、施術前と顔の印象が変わってしまう可能性があることを基礎知識として入れておくといいでしょう。ボトックス注射の効果が切れると同時にこの症状も消えていきますので、ボトックス小顔が気に食わなかった場合は効果が切れ次第別の小顔矯正治療を受けてみるというのもありです。実際、ボトックス注射はダウンタイムが少なく、一回当たりの費用も手術などと比べて安く済み気軽に行えるため、お試し感覚で受けてみる人もいます。効果が永続しないことが逆にメリットとなる事例です。もし小顔矯正治療を考えていて、どの治療方法にするか決断できずにいる場合は、まず1回の施術による効果の持続が短いボトックス注射から試してみるのもまたひとつの戦法となっています。逆にボトックス注射は筋肉に作用させる治療方法ですので、元から筋肉の関与しない悩みであった場合はボトックス注射を受けられませんのでそちらも注意が必要です。

Copyright© 2018 ボトックス小顔でエラ張りを改善!【筋肉の動きを抑制出来る】 All Rights Reserved.